日常

2018年12月31日

時系列



1月


ついに残業が見込み残業分を超えた。

2~3月


時差出勤制度でスタートの時間を11時に変更できたのでそうした。
通勤はかなり楽になった。

辞める前にリフレッシュ休暇とやらを使おうと思っていたが
メンテナンスの日程を調整していたので
先にメンテナンスNG日を作るのも気が引けて取得できず。

4~5月


転職活動。
1時間単位の有給取得も可能になったのでフル活用(それでも余った)

6月


就活でちょこちょこ休むようになり、有給申請も面倒になってきたので
リフレッシュ休暇を使って就活期間にしようと思ったところで内定ゲット。
9月からのスタートで合意

7月


退職手続きとか引き継ぎとか。
(メンテナンスは結局このタイミングで実施)
半ばくらいから有給消化開始。
引っ越すかどうか検討。
せっかくなので夏休みの過ごし方を検討
リフレッシュ休暇は使えずに終わった。

8月


OpenStack Daysに行く。
エジプト旅行中、ネットが繋がらない場合に備えて
FGOのイベントを2週間位前倒しで終わらせた。めちゃくちゃ辛かった
エジプト旅行に行く。FGOは無事にできたが
アプリのアップデートができず、そのタイミングからできなくなった(1日だけ)
引っ越し(プラス断捨離)

9月


新しい会社で仕事開始。
入社して早々に会社イベントで台湾に行く。
タピオカミルクティー飲み放題だったが
参加する時間が遅かったので結局一杯しか飲めなかったのが惜しまれる。

転職して給料があがったので
YOSHINOYA、ガスト、はなまるうどんで豪遊しだす(グルメ定期券買った)

10月


試用期間。
製品の勉強をしたり、研修受けたりしていた。

ISUCONに出る。
今年はちゃんと打ち上げでガーリック x ガーリックに行った。

11月


試用期間。
検証用サーバの設置とかもあったので前職の経験を生かして作業した。
案件も下旬からアサインされる。

仕事が忙しくなる前にと親知らずを抜く。
数日は流動食で過ごす。

12月


無事に試用期間終了。
2件目、3件目の案件の話も出てくるが
本格的に動くのは来年からになりそう。

親知らずは抜き終わって、普通に食事できるようになった。
ふるさと納税も駆け込みで始める。


振り返り


転職を機に色々と生活が変わった気がします。

通勤時間


以前は片道1.5~2時間近くかかっていましたが
今は大体30~40分位で職場にいけます。
電車自体は20分くらいですが、家→駅 の徒歩時間と
電車の待ち時間を入れるとまぁまぁ時間がかかるので
思ったほど短くはなってないという感じです。

ゲームのプレイ時間


通勤時間をもっぱらソシャゲに充てていたのですが
時間が短くなったのに加え、基本的に混むので
あまり電車ではやれなくなり、プレイ時間の確保が難しくなってきました。

浮いた時間


概算で1日1~1.5時間位の通勤時間が浮きましたが
夕飯食べたり、家でネットサーフィンしたり
お風呂にゆっくり入ったりでなんだかんだなくなります。

引っ越してよかったか?


実は引っ越さなくても、通勤は1~1.5時間くらいの見立てだったのと
前職と違って、裁量労働制かつ自宅での仕事もOKなので
現時点では引っ越さなくてもあまり問題なかったかなとは思います。

ただ、9時や10時にスタートする予定が入ると流石にきつかったり
オフィス以外に、客先に行くこともあるので
あまり極端なことをせず、程々に都心に住むことにしました。

食生活


特段変わってないですが、転職前は家で朝食として
・チーズ入り卵焼き
・ココナッツオイル入り豆乳
を作ってたのですが
転職後は卵焼きを作らなくなっちゃいました。
10個を賞味期限内に全部食べるのが意外と大変なので。

会社にミックスナッツと野菜ジュースがあるので
朝、何か食べておかないとお腹が…という状態ではなくなったのと
夕飯食べる頻度が増えたのもあります。

給料


毎月振り込まれている金額だけでいうと倍くらいになりました。
ボーナスと月給のバランスがそもそも違うとか
色んなマジックがあるんですが
毎月振り込まれている金額だけでいうと倍くらいになりました。

お金の使い方


夕飯にお金かけるのは大して気にならなくなりました。
ソシャゲへの課金も1.5倍位にしてもいいと思いましたが
元が0なので変わらず無課金でした。
他、基本的に物を増やしたくないので、特に大きな買い物はしてないです。

今年買ったもの



PCのモニタ台


モニタを買ってから早3年。ようやく台を買いました。
今までずっといらない本とかを台の代わりにしてたんですが
やっとしっくりくるデザインのものを見つけたので…
あと、モニタ台は奥行き25cmのものが多かったのですが
使ってる机の奥行きがあまりなく、20cm位のもので探してました。
サイズ調整がシビアだったので、木材買ってDIYも検討してたのですが
面倒なのでずっと保留。

ルンバ(のバッテリー)


引っ越したタイミングでルンバがバッテリー切れを起こしやすくなりました。
普通に買い替えても良かったんですが、とりあえずバッテリー交換。
しかも純正品(1万)ではなくamazonで売ってる3000円位ので…

iPhone(のバッテリー)


iPhone 6sを3年近く使っているので、XSとかにしても良かったのですが
バッテリー以外特に不自由してないので、交換の3200円(+税)だけで済ませちゃいました。
保護フィルムもめくれて来ちゃってたし
保護ケースもうさぎに食われて外れやすくなっていたので
それぞれ100均で購入。ちょっとだけ新品気分です。

nanodayo at 13:58コメント(0) 

2016年05月24日

hidvさんからネタふりを貰ったので
たまにはこっちから書いてみることにしました。

そう、みんな大好き○んかつ!






とんかつ。

■みそかつ 矢場とん

最近諸事情で良く銀座に行き、その度にご飯に悩んでいたのですが
銀座には矢場とんがあるんですね。知らなかった。もっと早く知りたかった。

店員さんがおすすめしたので
リブロースのカツ定食にしてみたのですが
すごく…おいしいです…
脂身の具合がすごくいいです。
揚げてあるにもかかわらずこんなのを楽しんじゃうなんて
もう贅沢にも程がある。

GW中にベッドを買おうと思っていたので
銀座にあるショールームを見つつ
矢場とんにも足を運んでいました。

大体2000円くらいする超高級店ですが
たまのGWくらい贅沢してもいいかなと思って思い切っちゃいました。






IMG_1326



■かつ茶漬け すずや

鉄板焼きで醤油風味のカツを普通に半分食べ
残り半分はご飯に乗せてお茶をかけてお茶漬けにして楽しむ
いわばひつまぶしのとんかつver。
ちょっとづつ味を変えながら楽しめるのでお気に入りの料理です。
カツはヒレカツを使っていて柔らかくさっぱり食べられます。

新宿のすずやがビル改装が終わって
久しぶりに利用可能になりましたね。
すずやのためだけに新宿の会社に務めたというのに
結局ビル改築で利用できなかった日々。
お家の隣駅でやってるのを見つけて安心していたのですが
いざ行ってみたら潰れていたという酷い有様でした…

秋葉原にも店舗があるのですが
余り行く機会がなく、アキバもそれなりのグルメ街なので
他の店に浮気してばかりいたのですが
最近またかつ茶漬け食べてきました。
やっぱり美味しいですね。






IMG_0491


■王ろじ

新宿近辺のランチで気になっていたお店です。
カツが凄く…大きいです…

ちなみにこれ以外にかつサンドも頼み
しまった、カツサンドとカツカレーでカツが被ったかとなりましたが
どちらも凄く美味しかったです。






IMG_1047



nanodayo at 23:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月11日

またまたまたhidvさんが更新したのでパクります

今回は○んかつと聞いていたのでアップを始めていたのですが
まさかの引っ越しネタでした。

こちらは引っ越ししてないのでネタがありません(完)









■成果
hidvさんは以下の3大革命を果たしたようですが
こちらは特に何も変化もありません!!

▼第1の革命 通勤時間の変化
(変わって)ないです。

▼第2の革命 最寄りコンビニ
セブンも、ローソンも、あるんだよ。
ただしコンビニは割高なので、余程緊急で必要なものがない限りは行きません。
なのであまり恩恵も受けてません。
近場のスーパーが激安なのでほぼそちらに行きます。閉まってる時は諦めます。

▼第3の革命 洗濯の自由化
洗濯?常に自由だよ。



■本題

と言ってもまぁ、人を駄目にするベッドを導入し、設置にあたり模様替えをしました。
つまり家具の引っ越しを行ったのでネタにするとします。
体力的な意味でも本気を出しましたしね。

■before


room_before


この配置で、布団をそのままベッドに置き換えたのですが
人を駄目にするベッドはフレームで高さが有り
ドアを開けた目の前に障害物がある という、あまりよろしくない状態になりました。

そこから部屋の奥に行くにも、冷蔵庫との絶妙なスキマを縫っていくような形になり
これはまずいと思って以下のように模様替えをしました。
このベッド要らなかったんじゃね


after


room_after


■成果

人を駄目にするベッドでも、壁際に設置すれば圧迫感はそれほどでもないし
奥行きのある冷蔵庫を移動させれば、それほど導線を損なわなくなりました。
ルンバ置き場だった場所にはそのままメタルラックを置いて
その下に常にルンバがいる状態となっています。

重量的には、冷蔵庫は冷凍の食べ物があるだけだったので
それほど重くなく、難なく動かせましたが
本棚は中身がそれなりに重かったので苦労しました。
特に薄い本は密度があったのか、重かったです。

小物を片付けたり、コンセント・マネジメントをする必要がまだありますが
こちらも三大革命が起こせそうです。

▼第1の革命 気分転換と最適化
約2年間、beforeの配置で過ごしていましたが
家具の配置が変わるだけでも、ちょっと気分が変わるものですね。

また机の隣に冷蔵庫があるので机で作業しつつ
飲み物が欲しくなったらすぐに取れるという配置にもなっています。
メタルラックもまだ特に何も置いてないですが
色々置くことでデスクワークが捗るのではないかと思います。

▼第2の革命 睡眠の質向上
hidvさんは通勤時間を短くすることで時間を確保していますが
こちらはもう引っ越しをしないと決めているので、体力でカバーすることにしました。
ベッド導入にともなって質のいいマットレスを導入予定です(まだ届いてない)
詳細はまた別の記事ででも触れます。

▼第3の革命 掃除の自由化
これまでは布団をたたまないと(ルンバが)掃除できなかったのですが
今回の配置によって、(ルンバの)掃除を邪魔するものはもう無くなる見込みです。
見込みなのは、小物を片付けてないせいです。

次回はまたhidvさんをパクるので
英語の勉強について触れます。JS?女子小学生ですか?
◯んかつはGW中色々有りましたがなかったコトにします。

nanodayo at 10:04コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月31日

完全に更新が停滞していますが
年末くらいは記事を書こうと思います。

今年はそれなりに変化のある年でした。
大きくは以下の2つ。

  • 引っ越し

  • 部署異動


引っ越し



まだ契約期間中でしたが
あまりに部屋が家賃の割に不便であり
いい部屋があれば引っ越そうと考えていたところで
無事見つかり引っ越しました。

before
・自由に使えるコンセントが実質1箇所のみ
・トイレが狭い
・クローゼットがあるけど、奥行きがなく、ハンガーを斜めに入れないと使えない
・( ゚ρ゚)
・キッチンが狭く、まな板を置くスペースがない
・ロフトがあるけど天井が低く、移動もままならない
・駅まで実測で15分

after
・自由に使えるコンセントが3箇所にある。ロフトを合わせると更に2つ
・トイレが広い
・クローゼットはない
・( ゚ρ゚)
・キッチンが広い
・ロフトもちゃんと使える
・駅まで実測10分
更に、以下のメリットまであり。
・生活上、よく行く場所が近い
・前の部屋より家賃が5000円安い

ガスがプロパンでクッソ高い料金設定であること以外は特に不満もなく、いい部屋です。
後はルンバブルルームにできれば良さそう。

部署異動



部署異動はジョブローテーション的な位置づけですが
仕事の進め方なんかは結構変わりました。
内容や分野は大きくは変わらずです。

いわゆるITのキャリアアップって
どういう選択肢があるのかもわかっていなかったので調べたりしつつ
ある程度のイメージを持たないとなぁと思う今日このごろです。

コミュニティ活動も長らく引退してたり
惰性でやるだけになっていましたが
キャリアビジョンと合わせて見つめなおしていかないとなぁ。

趣味とか


全面的に後退してますが、ポケモンの厳選が大分楽になったので
ポケモンだけはやりこんでます。
パズドラは人気のモンスターをある程度手に入れたので満足して後退気味。
趣味の後退に伴って、人と会うことも減りましたがよく考えたら元からだった。

nanodayo at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月17日

元記事はこちら

ノルマがキツい、頭を下げたくない、騙す感じがイヤ 学生が営業を嫌う3大理由の誤解と真実|就活生のための最新業界・企業研究2015|ダイヤモンド・オンライン

漠然と持ってる先入観を拭うのは良いことだと思います。
ただし、その先入観に対して
更に先入観を抱いて否定してるんじゃなイカと思ったので
取り上げてみます。

以下、引用。
営業=ノルマがきつい。だからつらく厳しそう。

 …ノルマを「目標」「納期」と言い換えてみましょうか。およそ仕事の中に、「目標」「納期」のない仕事はありません。この点では、営業は特別に厳しい仕事ではありません。

人にペコペコ頭を下げてモノを買ってもらう。卑屈な感じがして嫌だ。

 …人に頭を下げずにすむ仕事。これも、考えてみれば、そう多くはないでしょう。私が長年、携わった記者という仕事は、数少ない例外かもしれません。しかし、頭を下げて話を聞かせてもらうことも、数多くありました。

なにかモノを無理やり押し付けて、騙すような感じがする。

 …無理やりモノを押し付けたり、だまして買わせるような商法が、世の中にないわけではありません。ただし、一度や二度なら通用しても、そういうやり方は長期継続的には成り立ちません。すなわち、それは真っ当な企業とは呼べない。「モノを無理やり押し付けて、騙す」ような会社は、よほど企業研究を怠らない限り、あるいは間違った情報収集をしない限り、みなさんの就職先候補に入ることはありません。



  1. 営業のノルマについて

  2. ここでのポイントは「ノルマの有無」ではなくて
    それが「厳しいレベル」かどうかだと思います。
    学生さんの意見でもノルマ=「目標」「納期」と読み替えましょう。

    営業=「目標」「納期」がきつい。だからつらく厳しそう。

    営業だけ「目標」「納期」がきついということはない」ならば分かりますが
    それは会社次第かと思います。

  3. ペコペコ頭を下げてものを~

  4. 学生さんはBtoCにしか接してないから
    営業の仕事に新規のお客さんを開拓をするシーンしか想像できないのも無理は無いです。

  5. 無理やり押し付ける

  6. 概ね仰るとおりで、長期的に見て損になることはしないはずです。
    ※ただし、経営者がまともな場合に限る。
    経営者がまともじゃなかったらどうか知りません。
    そういうところに就職しちゃったら営業じゃなくても不幸だとは思いますので
    概ね記事の主張と同感です。

    唯一つ、忘れないで欲しいのはそれでも成り立ってしまう業界があることです。
    (元記事でも「そういう業界はあるが、企業研究をすれば分かる」とありますね。)

    例えば不動産なんかはそうです。
    高い買い物なので人生で1度や2度しか買わない以上、
    一度や二度でも騙して儲かるなら騙しに来ます。
    ※利用者としての実体験と、想像での話です。


nanodayo at 09:57コメント(91)