Windows

2012年03月09日

WireSharkでSwiftの処理の流れとかを追っているのですが
いかんせんPortを複数使っていて
見分けるのが面倒なんですよね。

オマケにservice名解決を有効にしてたりすると
6000~が全部x11になってしまって
account(6002)、container(6001)、object(6000)の区別がつきませんし!

後、中身の書式がHTTPなのに
単なるTCPとして読まれるとかも・・・/(^o^)\

そんな訳で本来便利なはずのWireSharkの機能ですが
Swiftでは見事に裏目に出ていたり、適用されてない感があるので
なんとか便利に使えないかカスタマイズしてみました。

■serviceとして定義する
Windows版での話ですが
/etc/servicesに相当するファイルが
WireSharkのフォルダにあったので書き換えてみました。

書式とか細かいことは省きますが
とりあえず以下の番号と名前が登録されるように修正します。
うちはdiffファイルを貼るような親切なブログじゃないぜ!
# 元ファイルをバックアップしてなかっただけともいう
keystone 5000/tcp
swift-object 6000/tcp
swift-container 6001/tcp
swift-account 6002/tcp
swift-proxy 8080/tcp
keystone-adm 35357/tcp

X11とかhttp-altとして既に定義されていたりするので要修正。
コメントアウトしておきましょう。

長いけどPort番号順に並んでいるので
自分が定義したPort番号の設定箇所を探しやすいです。
# 範囲指定なパターンがあるのでエディタでの検索がしにくい

■HTTPの設定にSwiftのPort番号を入れる
WireSharkのEdit→Preference→Protocols→HTTP
で、TCP Portsの定義でSwift関連のPort番号を追加します。
設定画面はこんな感じ。

tcp_port


WireSharkの画面はこんな感じ。捗るぞ。
after



Swift解析時以外は役に立たないのは言うまでもない。

nanodayo at 19:33コメント(3)トラックバック(0) 

2011年08月01日

タイトルの通り。
必要なところは大抵自作してると思います(
#!/usr/bin/bash

for i in $*
do
RESULT=`ping $i 1 1 | grep packet | awk -F "," '{print $3}' | awk '{print $1}'`
if [ $RESULT = "0.0%" ]
then
ALIVE="OK"
else
ALIVE="NG"
fi
echo "$i is $ALIVE"
done


# ブログの仕様で改行が二重に入ってしまう・・・?(^o^)どうすればいいんだ

動作環境はCygwinです(キリッ
WindowsのpingではなくCygwinのpingを想定してます。

作ってて分かったんですが
pingはディストリビューションごとに微妙にオプションが違うんですね・・・
Solarisのがalive/downでの判定なのは知っていましたが。

man pingとかで検索して見つけた
Linux用pingのmanを参照していたらはまりました\(^o^)/
大きな違いとしては-cオプションがなく、代わりに後ろにつける数字で指定するということ。
-c 1とか指定したら0.0.0.1宛のpingになったでござるよ(^o^)

mping.sh host1 host2
みたいな使い方を想定してます。
リストファイルから指定する場合は
cat file | xargs mping.sh
とかやります。
初めからファイル指定前提でよかったんじゃないかなぁ・・・

nanodayo at 15:18コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月21日

SSHクライアントといえば
PuttyかPoderosaというイメージでしたが
今回はTeraTermです。

TeraTermは昔からあるリモートログインクライアントで
SSHやTelnetのようにTCP/IPを使う物以外に
シリアルケーブルでの接続にも対応しています。

ネットワーク機器を操作する際には重宝しますね。
特に初期設定時。

更にTeraTermにはマクロ機能があります。
これを利用して、ログインから操作までを自動化することができます。
# もちろん、予め決められた処理しかできませんが。

.ttlファイルをttpmacro.exeに関連付けしておくと楽です。
ttermpro.exeではないので注意が必要です。(間違えた奴)
通常は、インストール時に関連付けも選べるのですが
関連付けを忘れて、後から設定する場合はご注意を。

SSHの自動ログイン


あれこれオプションを足す感じになりますがこんな感じ。
Tera Termマクロ活用入門(1):各種ログインを自動化するを参考にさせていただきました。
username = 'hoge' ; ユーザー名
hostname = '192.168.1.3' ; 接続先

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

msg = 'Enter password for user '
strconcat msg username
passwordbox msg 'Get password' ; パスワードボックスを表示し、入力された内容を変数msgに格納

msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=password /user='
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg inputstr

connect msg

実行時にパスワードをテキストボックス経由で入力します。
毎回入力するのは手間なので、
ファイル内に直接書いてしまうこともできます。
もちろん、セキュリティ上、よろしくないですが。
username = 'hoge' ; ユーザー名
hostname = '192.168.1.3' ; 接続先

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=password /user='
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg 'hogehoge' ; パスワード

connect msg

シェルスクリプトっぽく使うなら
sendln 'コマンド'でコマンドを入力すればOKです。

純粋に文字の入力だけをするので
expectみたいに使えます。
例えば、確認のプロンプトも出ると分かっているものは
対応できます。
ネットワーク機器なんかだと、
ファームウェアのアップデートとか、重要な変更には確認が出てきます。

確認ダイアログへの対応


wait '#'で、#が出てくるまで、処理をストップします。
CLIの入力画面が出るまでの待ちに使えます。

同じように?とかを指定することで
セーブデータを消します、よろしいですか?
本当に消しますか?
後悔しませんね?

といった確認ダイアログにも対応できます。
応答もsendln 'y'などで対応可能です。

スイッチへの自動ログイン(シリアル)


シリアルだともうちょっと簡単になって
connect '/C=x'
sendln ''
sendln ''
sendln ''
wait 'Password:'
sendln 'hogehoge'

とかでできます。C=/xのxにはシリアルポートの番号を指定します。
connectの後の処理は、機種依存なところが多々あります。
接続後、何回かEnter送らないと出てこない機種もあるので
sendln ''で送ってます。
waitもパスワード入力画面が'Password:'と出てくるかは機種次第です。

XMODEM


シリアル接続の場合は、XMODEMプロトコルを使って
ファイルの転送などもできます。
マクロではxmodemsend ファイル エラーチェックでXMODEMでのファイル送信が行えます。
ファイルは、作業ディレクトリを意識しないといけませんが
関連付けした場合はTeraTermのインストールディレクトリになるようです。

なのでマクロとして記述する場合は
フルパスで指定するか、TeraTermフォルダに入れておく必要があります。
# 関連付けの設定次第では、実行したフォルダにできるのかなぁ・・・。

ちなみに、受信側でも何かしらXMODEMで受信するためのコマンドを実行する必要があります。
ProCurveだとcopy xmodem startup-config pcとかですね。
これもsendlnで実行できます。

ちなみにシリアルは、すごく・・・遅いです・・・
3Mのファームウェア送るのに1時間とかかかっちゃいます\(^o^)/

参考:
http://sourceforge.jp/magazine/10/01/08/0825239

http://ttssh2.sourceforge.jp/manual/ja/macro/index.html


nanodayo at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月17日

XPの時から、あらゆるフォントをへた字にしています。
しばしば「字が下手ですね」と言われます(*'-')ゞ

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\個人設定\ウィンドウの色とデザイン

もしくはコントロールパネル → テーマの変更 → ウィンドウの色


で、かーなーりわかりにくいですが
「デザインの詳細設定」というのがあるのでそれで行けます。

hetaji1



フォントを変更できる箇所はひと通りへた時に変更。
変更時に、文字サイズもへた字のサイズに合わせて変わります。
が、小さすぎたり大きすぎたりするので
元々のサイズに調整してます。

hetaji2


変更後はこんな感じ。


nanodayo at 17:54コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月05日

今回はNrLaunchについてです
使えるフリーソフトの紹介という趣旨のスレッドがあって
そこで評判が良かったのがNrLaunchです。

何をするソフトかというと、いわゆるランチャです。
ランチャというのは、プログラムを起動するためのショートカットを提供するものですね。

普通にデスクトップにショートカットを置くとか
スタートメニューからたどってもいいんですが
「起動したい!」と思ってからクリック操作を何回もやるのは
ぶっちゃけ面倒だったりします。

デスクトップだとWin+Dでとりあえず他のウィンドウを最小化して
プログラムを探して起動して
作業していたウィンドウはまた戻して・・・となるわけです。

NrLaunchを使うと、この時の手間が減ります。
NrLaunchを起動→起動したいアプリを起動とできます。
あれ?あんまり変わらない?
ただまぁデスクトップのアイコンにカーソルを合わせるより
NrLaunchのアイコンにカーソルを合わせる方が速いです。

入手


本家様はもうないようです(´・ω・`)
有志によるミラーが残っているので
そちらを使いましょう。

インストール


解凍してそのまま使えるのですが
スタートアップに登録しておくと便利です。

起動方法


マウスでくるくると円を描くと起動します。
後はNrLaunchに登録してあるアイコンをクリックすれば
プログラムが起動します。
フォルダを開くといった芸当も可能です。

スキン


黒猫にしてます。かわいい(*'-')

こんな感じ。

nrlaunch

マウスを無効に


マウスくるくるで立ち上がるのはいいんですが
正直、意図しないときに起動しそうで怖いですよね。
そこで、マウスによる起動は無効にしています。

タスクバーの横に、NrLaunchのアイコンがあるので右クリックしてから
環境設定で設定します。
nrlaunch2


nrlaunch3


代わりに、任意のキーから起動できるように設定します。
(ここではCtrl+:で起動させてます。)

nrlaunch4


nanodayo at 08:30コメント(1)トラックバック(0)