2017年12月

2017年12月16日

※この記事はAnsible Advent Calendar 2017の記事です。

この記事について


世の中の流れに乗ってansibleはじめました。

仕事での使い方で言うと
インフラの設定や作業をplaybookにして運用して
そのままgit管理して運用しています。

今回取り扱うのはzabbix周り。
監視をansibleで設定。つまりkansible

主にansibleでやってること
  • ansibleでzabbix serverを構築
  • zabbix agentをansibleでインストゥール
  • 監視設定をansibleで投入
  • 場合によってはzabbix proxyも構築


本当はAWSのモジュールとかも扱いたかったのですが
ansible覚えたての頃に触ったもの
(roleとかを理解せず、取りあえず動く書き方で書いてた)だったりで
執筆に時間がかかりそうなので断念しました。
クッ、仕事とFGOとマギレコさえなければ…

参考情報


ぶっちゃけリンク先の記事を見たほうがいいよ!
Ansible ZabbixモジュールでZabbix設定を自動化
こちらの記事を参考にさせていただきましたm(_ _)m
(Zabbix Module)

zabbix moduleの公式はこちら(zabbix_host)

あと、こちらの role を使っています。
READMEとか見れば全部必要なこと載ってるよ


使い方



前準備的なところ


ansibleを実行するホストにはzabbix-apiが必要です。(pipで入れる)
# pip install zabbix-api

pip自体のインストールに癖がありますが割愛

Zabbixが使用するデータベースサーバも別途構築する必要があります。
(そういうroleを読ませて一緒に構築すればOK)

あとはroleでdefineされているvalueのうち、変更が必要なものを
host_varsでオーバーライドして必要なroleを読み込むだけ!


なるほどわからん!
まぁリンク先に書いてあるからいいよね

ハマったところ・感想


具体的には、zabbix proxyのDBをsqliteにしたかったんですが
READMEの情報だけではできませんでした。

・必要なことはだいたいREADME記載されていると思ったが別にそんなことはなかった

READMEに全部の変数が乗ってなかったので
roleをダウンロードして、その中のdefaultsとかtasksの中を見たりしてました…\(^o^)/

まず、tasksをみるとたしかにsqlite3.ymlがある。

そしてtasks/main.ymlの記述を見る限り
database_type_longにsqlite3を設定すればやってくれそう。

- name: "Installing the database"
include: "{{ database_type_long }}.yml"

tasks/sqlite3.ymlの中身を見るに zabbix_proxy_dbname を zabbix_proxy にすれば良さそう
- name: "Sqlite3 | Default Database Path"
set_fact:
proxy_dbname: /var/lib/zabbix/zabbix_proxy.db
when:
- zabbix_proxy_dbname == "zabbix_proxy"


・galaxyで拾ってくるrole自身が更新されていて、これまでのplaybookで動かなくなることがある

コーディング規約的に、role名_hogehoge みたいな変数名を使っているのですが
初めて使ったときは database_name みたいにrole名と関係のない
名前がついていて、衝突の危機がありました…。

規約に合わせるために zabbix_database_name とかの名前で定義すれば使える
ラッパーroleを作ったりしたんですが
ちょうど、出来上がった頃にdj-wasabiさんのroleでも
zabbix_database_name とかを使う仕様に変わっちゃいまして…

残課題


Zabbix特有の点で言うと、この辺がまだplaybookからできず
結局手動作業を併用してやってます

・zabbix-serverのパスワード変更
・監視設定に使うHost Groupなどの定義
・アラート先のメール設定

nanodayo at 14:40コメント(0) 
ansible 

2017年12月12日

※この記事はうなぎアドベントカレンダーの記事です。
https://adventar.org/calendars/2628

ふとみると、鰻のアドベントカレンダーがあった

ウホッ!いいアドベントカレンダー…
鰻が好きな私はホイホイと執筆の登録をしてしまったのだ

とりあえず前回の記事
2017年は鰻を2食しか食べてない旨を書きました。

書いたらなんかまた鰻が食べたくなってきました。
鰻を食べたらアドベントカレンダーに貢献できるので余計に食べたくなります。

そんなわけで、来年の目標にしていた
会社の近くのお高い鰻屋さんで食べるのを達成しました。
もちろん、一番安いのを頼みました

というわけでうなぎのお宿に行ってきました。

頼んだのは梅(1500円)
フルーツなし(もっとお高いやつにはつくが、梅にだけはつかない)
うなぎ肝吸い付き。






IMG_6174


肝吸いは肝のプルプル感が良かったです:p

鰻自体は硬すぎず柔らかすぎず。
身の締まった感じがありつつも、柔らかさもありと。とりあえずうまい。

テーブルにはミルで挽く山椒あり。程々にかけて食べる。
蒲焼のタレも机にあり。
つゆだく可能でしたがそっと自重して、鰻自体の味を楽しんできました。

というわけで来年の目標を早くも達成してしまったので
再設定が必要ですね。

梅よりグレードの高いやつを食べることを
来年の目標にしてもよいのですが、そういってまた食べて
カレンダーに貢献すると思うので()

(落ちは別に)ないです。

nanodayo at 23:20コメント(0) 
 

2017年12月10日

※この記事はうなぎアドベントカレンダーの記事です。
https://adventar.org/calendars/2628

ふとみると、鰻のアドベントカレンダーがあった

ウホッ!いいアドベントカレンダー…
鰻が好きな私はホイホイと執筆の登録をしてしまったのだ




なお、いざ12月になると
みんな鰻なんてそっちのけで技術ネタを書いてて、鰻ネタなし
他のアドベントカレンダーの記事でしれっと鰻を使ってるけど
鰻のアドカレ記事には鰻のうの字も…いや、母音だしどっかで使ってるよ。

ここまで来るともはや
最初に鰻ネタを書いたやつの負けというチキンレースと化していますが
果敢に初志貫徹で鰻ネタを書きます。




2017年。鰻は絶滅の危機に晒された。
スーパーでも以前のような価格では並んでない…と思うんだけど
スーパーで鰻を買うことがなくなったから正直分かんない。

そんなわけで鰻不足の世の中、振り返ると2017年には鰻を殆ど食べてませんでした。
食べたけど忘れているケースもなくはないですが
今年は世の中の流れ的に鰻を避けていました。

SUKIYAとかでは限定メニューで変わらず食べれたと思うし
お金を出せば普通に鰻を食べれたはず
あと、会社の近くにも鰻のお店がオープンしてたし。
でも高いので食べに行けない

なのですが、鰻不足で価格が高騰している状態で
わざわざ食べようとも思えず
また安価に食べれる時期まで待てば良いと思って
今年はあえて食べようと思う機会自体が少なかったのです。

今年食べた鰻は以下の2つです。
他にもあったかもしれないけど忘れた
・タカマル鮮魚店 うなぎ玉子焼き
・くら寿司 うなとろ

タカマル鮮魚店のうなぎ玉子焼き 1000円。
結構な値段でしたが、玉子焼きも鰻もどっちもボリュームあり。
久しぶりの鰻だー!と喜んでしまって写真を撮り忘れたのが惜しまれます…
玉子焼きの中に鰻が入っているタイプではなく
玉子焼きの上に鰻の蒲焼をのせた感じです。

くら寿司のうなとろ寿司はこちら。
一緒に頼んだ納豆が写ってますがお構いなく。

細切れの鰻と、パディングに使っているとろろです。
とろろも好きなので嬉しい一品。
所詮細切れだし、ちょっと硬いですが鰻は鰻。
100円で食べれるし贅沢は言いません。






IMG_6057


2018年は、会社の近くの鰻屋さんで食べておこうかなぁ…
いつまでいるかわかんないし。

nanodayo at 00:00コメント(0)