2015年12月

2015年12月11日

Boys sideはsamemoonさんが先に閃いてしまいました。
くそっ!先に気づいていればこっちでもやったのに!\(^o^)/

■きっかけ

最近会社でOpenStack Summitの報告をしたら
「OpenStackをやっているといい肉がただで食えるんですか!?!?
ちょっとOpenStack教えて下さい!!!!111」と頼まれたので
ある程度基本的なコンポーネントを教えると

「数が多くてわからん。美少女キャラに擬人化してください」
と言われたのでやってみました。
なお、それを話したらsamemoonさんがboys sideを閃いてしまいました。
(大事なことなので二回言いました)



■基本ポリシー
・コアコンポーネントに絞る(Grizzly, Folsom時点)
・コンポーネントの相関をキャラクターの相関にも反映させる

そんなわけでキャラクター相関図を書いてみたのであった。
なお、全員OLという設定にしています。

株式会社OpenStack

Swift:背が高い。力持ち。怪我もすぐ治ると、かなりの実力者ではあるが 若干コミュ症であるという欠点を持っている。あと大食い。
Nova:社長。自らも活躍しつつ、他のメンバーを指揮しているが、swiftだけは扱い方が解らず、いつもGlanceに仲介してもらっている。
Glance:社長秘書。NovaとSwiftがあまりにうまく話せないので雇われた
Keystone:人事。結構な権限を持っている。みんな彼女には逆らえない。結構厳しい。
Horizon: ゆるふわ営業ガール。多国語対応。他スタッフへの仲介も得意というハイスペック営業ながら、 社内に居ないことも多く、他のスタッフからあまり感謝されてない不遇な人。
Quantum:ネットワークエンジニア。Novaが会社を起こした後、自分の仕事を代わりにできる人として雇った。 人気者だが気難しい。cinderと同期。
Cinder:ストレージエンジニア。経緯はquantumと一緒。人気者。同期のQuantumに比べて地味なのを気にしている。

相関
Keystone, horizon:他の全員
Nova : swift以外全員
Cinder : nova/swift
Quantum : nova
Glance : nova/swift

■会社沿革
独立を目指していたNovaさんとSwiftさんは手を組んで株式会社OpenStackを設立しました。
でもお互いそれぞれの仕事をしているだけで全く一緒に仕事をしませんでした。
課題として認識はしていたようで、仲介スタッフとなるglanceを雇いました。
社内の規則や人事制度を統一するためにkeystoneを雇いました。
Novaの仕事が増える一方なので、ネットワーク担当・ストレージ担当にQuantumとCinderをそれぞれ雇いました。

■まとめ

形になったら夏コミに出す。。。かもね!


こうしてできたのがこちらの画像です。
言っておきますが、キャラの相関図を描くためのものです。

openstack

nanodayo at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 
OpenStack