2014年01月

2014年01月17日

元記事はこちら

ノルマがキツい、頭を下げたくない、騙す感じがイヤ 学生が営業を嫌う3大理由の誤解と真実|就活生のための最新業界・企業研究2015|ダイヤモンド・オンライン

漠然と持ってる先入観を拭うのは良いことだと思います。
ただし、その先入観に対して
更に先入観を抱いて否定してるんじゃなイカと思ったので
取り上げてみます。

以下、引用。
営業=ノルマがきつい。だからつらく厳しそう。

 …ノルマを「目標」「納期」と言い換えてみましょうか。およそ仕事の中に、「目標」「納期」のない仕事はありません。この点では、営業は特別に厳しい仕事ではありません。

人にペコペコ頭を下げてモノを買ってもらう。卑屈な感じがして嫌だ。

 …人に頭を下げずにすむ仕事。これも、考えてみれば、そう多くはないでしょう。私が長年、携わった記者という仕事は、数少ない例外かもしれません。しかし、頭を下げて話を聞かせてもらうことも、数多くありました。

なにかモノを無理やり押し付けて、騙すような感じがする。

 …無理やりモノを押し付けたり、だまして買わせるような商法が、世の中にないわけではありません。ただし、一度や二度なら通用しても、そういうやり方は長期継続的には成り立ちません。すなわち、それは真っ当な企業とは呼べない。「モノを無理やり押し付けて、騙す」ような会社は、よほど企業研究を怠らない限り、あるいは間違った情報収集をしない限り、みなさんの就職先候補に入ることはありません。



  1. 営業のノルマについて

  2. ここでのポイントは「ノルマの有無」ではなくて
    それが「厳しいレベル」かどうかだと思います。
    学生さんの意見でもノルマ=「目標」「納期」と読み替えましょう。

    営業=「目標」「納期」がきつい。だからつらく厳しそう。

    営業だけ「目標」「納期」がきついということはない」ならば分かりますが
    それは会社次第かと思います。

  3. ペコペコ頭を下げてものを~

  4. 学生さんはBtoCにしか接してないから
    営業の仕事に新規のお客さんを開拓をするシーンしか想像できないのも無理は無いです。

  5. 無理やり押し付ける

  6. 概ね仰るとおりで、長期的に見て損になることはしないはずです。
    ※ただし、経営者がまともな場合に限る。
    経営者がまともじゃなかったらどうか知りません。
    そういうところに就職しちゃったら営業じゃなくても不幸だとは思いますので
    概ね記事の主張と同感です。

    唯一つ、忘れないで欲しいのはそれでも成り立ってしまう業界があることです。
    (元記事でも「そういう業界はあるが、企業研究をすれば分かる」とありますね。)

    例えば不動産なんかはそうです。
    高い買い物なので人生で1度や2度しか買わない以上、
    一度や二度でも騙して儲かるなら騙しに来ます。
    ※利用者としての実体験と、想像での話です。


nanodayo at 09:57コメント(91)トラックバック(0) 
日常 

2014年01月02日

既に正月も二日目ですが
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年の目標とかそういうのは
どうせ設定するだけで終わるのでやらなくていいやと思ってましたが
中間チェックや振り返りを交えるなら意味があるのではと思ったので
少し考えてみることにします。

今年は4月に消費税増税という、とても嫌なイベントが起こるので
大きな買い物は3月までに済ませておこうと思います。
ざっと浮かぶのはこの辺り。

  • 布団(TEMPUR)
  • ラック(not サーバ用)
  • ルンバ
  • ( ゚ρ゚)


こんなところかな。
目標というか単なるタスクですが、もうちょいちゃんとした目標はおいおい考えるということで。

nanodayo at 19:40コメント(1)トラックバック(0) 
日常 

2014年01月01日

段々ブログを書かなくなり、twitterもFaceBookも投稿しない生活をしています。

生活自体はいつもと何も変わってないのですが
昔だったら呟いていたような出来事(食事であったり、遊びに行くことだったり)が
今となってはいつものこととなり、
敢えてつぶやく必要のない、自分にとって新鮮ではないことになっています。

そんな感じで2012年から、一年の振り返りとかをしていませんでした。
日々の出来事が印象に残らなくなり
ブログも書くのが面倒でして・・・。

2013年を振り返ると、同じ感じながら
いくつかイベントが有ったなぁと思いきや
それ2012年の出来事じゃね?という事に気づき
今更ながら2年分の振り返りをすることにしました。

■2012年

1. 糖質制限ダイエットを始める。

会社の同僚が実践した糖質制限ダイエットを、私も始めました。
3ヶ月位で効果は見えてきたが、糖質を全く取らないというのも難しい&ふらつく等の問題がある ため
徐々に普通の食事に戻したら案の定リバウンドしました。

ただ、やってる時は食費はかかるものの
満腹感が持続するのでそこまで悪くなかった印象です。
まぁ、バランスが大事ですね。

2.サークル解散&再編成

2~3年くらい所属していた同人サークルを解散させました。
理由としては、メンバーの一人が、他サークルに迷惑が及ぶ活動を行なっていて
指摘するも改善されない という状況だったのが大きな理由です。

あえて「悪名高い○○サークルは解散させて☓☓として活動します」とか
宣言するのもアレだったので
特に(同人活動しているアカウントでも)公にはしていませんが
まぁ、そろそろいいかなと。

その後、再編成したサークルで冬コミに参加し、本も完売と
まずまずの成果を上げました。

再編成前は毎回在庫を抱えてたので
黒字ははじめから諦め、印刷代という点で原価割れしない価格に設定してました。
なので参加費を考慮すると赤字、考慮しなければ黒字という感じです。

3.会社のオフィス移転

広くて良いオフィスになりましたが
ランチの選択肢が一気に狭まりました\(^o^)/

最寄り駅が変わりましたが
定期の区間を変えると休日遊びに行く時に不便しそうだったので
通勤路は特に変えず、駅から15~20分位歩いて通勤してました。

4.パズドラ始めた

LINE・なめこに並ぶ人気アプリと聞いてやってみて
なんだかんだで続けてます。

この手のゲームはWebSoSやら
mobstrikeやらサンシャイン牧場やらで懲りたので
二度とやるまいと思ってはいたんですが、歴史は繰り返しちゃいます。

5. VJの定期購読

を、6セットやって、転売にも挑戦しようと考えていたんですが見事に放置。
気がついたら、そこそこ高値だったバハムート・シャークが再録されたという罠。
うむ、これはあかん。

■2013年

1.引っ越した

契約更新のタイミングで、自分のライフスタイルを顧み、
近くて高い部屋に住む必要性がないと考え
安くて遠い部屋に引っ越しました・・・が、想定よりも家賃が高い上に質も低かったため
2014年内に引っ越しを予定してます。

2.コミケ引退

夏コミまでは出ていたんですが
あまりの暑さにやられ、
1日目はサークル参加してましたが、13時くらいで仲間と交代して撤収。
2日目も1日目のダメージがあったので参加を見送っていた・・・気がします(曖昧)

3.世の中への不信感マシマシ

主に食品偽造が大量に発覚し、やっぱり世の中クソだなと思いました。
ルール破っても大した罰則ないわけだし・・・。

4.サークル初黒字

冬コミに関しては今年は行かずに、サークルメンバーに任せちゃいました/(^o^)\

そんな中ですが、今回はこれまでの実績や
経験のおかげか、オオメに印刷して見事に完売。
コミケ自体への参加費を含めても黒字(といっても数百円)となりました。やったね。

5.人生観の変化

前は技術者としての活動が最優先と考えていましたが
最近はそうでもないです。

いやまぁ何だかんだで他の趣味もしていたし
自分の実態を正しく認識したというのが正解かもしれません。

人はいずれ死ぬので
偉大な功績を残したところで
恩恵を得るのが死後だったりしますしね。

そもそも食品偽造がまかり通るような世の中に対して
苦しい思いをしながら貢献するつもりもないですし。

なので技術関係では、主に自分が楽できるように努力します(

年収を上げるために勉強してスキルアップして・・・という人生もあると思いますし
そこから得られる充実感もあると思いますが
それが全てではないかなと考えている今日このごろです。

死んだ時点での財産は結局使えないですし
努力だけして、結果が来ないまま死ぬパターンだってあると思います。

なので如何に楽しいと思えることを増やすか?が重要かなと価値観が変わってきました。

まぁそうは言っても今の収入だと老後の生活費がないので
上がるよう努力はします\(^o^)/

nanodayo at 17:05コメント(1)トラックバック(0) 
日常